ゆるゆる生活

楽しいことだけしてゆるく生きたい ( ノ゚Д゚)ヨッ!

2016年にやったスマホゲームの中から面白かったオススメアプリのランキングを作ってみる

今年はできるだけ去年よりも課金額を落とすことを目標にゲームしていたので、去年よりはやったゲームの数は減ってしまいましたが、もうすぐ今年も終わるので、ランキング形式で今年やったゲームを振り返ってみたいと思います。

僕のプレイスタイルは前は毎月2〜3万円くらい課金してやっていましたが、最近は課金額を毎月1,500円くらいに抑えています。

詳しくはこちら↓

  • 毎月スマホゲームに数万円使っていた僕がゲームを続けながらでも課金額を月1500円まで減少させることができた方法 - ゆるゆる生活
  • そんな感じで課金もしつつ、無課金での楽しみかたも知ってるかなと思います。

    スマホゲームで重要だと思っているポイントはこんな感じ!

    1 作業ゲーにならないこと

    2 面倒なときはオートで操作できること

    3 無課金でも楽しめること

    4 キャラに愛着を持てること

    5 画質のクオリティが高いこと

    6 できればストーリーなどの設定もちゃんと作ってあること

    7 面白いイベントがある程度の頻度で開催されること

    8 廃課金者で上位独占されていないこと

    9 オリジナリティーがあること

    それではまず一位から!

    1位 誰ガ為のアルケミスト

    今年一番はまったゲームはタガタメこと、誰が為のアルケミストでした。

    キャラのデザインが好きなこともあって、攻略をしていなくても楽しくなってくるし、声優さんが豪華なのでキャラの個性やクオリティがめちゃくちゃ高いです。

    ジャンルはタクティクスRPGなので、距離や高低差のあるステージに自分のキャラを配置させて、素早さの高い順から味方と敵が動いて武器や魔法で戦うゲームです。

    RPGとしての面白さは何と言ってもジョブ。

    ジョブによって戦闘スタイルが変わるので、剣だったり、槍だったり、魔法や銃や弓など、使いたいジョブを持っているキャラを集めていくことになります。

    戦闘はめんどくさかったらオートにすることもできるので、僕は基本はオートでやってます。

    オススメポイントはストーリーの良さです。

    僕はスマホゲームのストーリーはほぼ読まずにスキップしてしまうんですが、タガタメのストーリーはアニメと同じくらい作り込まれているのでかなり引き込まれました。

    ストーリーってスマホゲームを作る際に一番コストが削減されてる部分だと思うんですよね。でもタガタメは違う気がします。そもそも人気声優が演じてるところに魂を感じます。

    僕が好きなキャラの主人公ロギの声は四月は君の嘘の有馬公生の声をやっていた花江夏樹さんだったりして、声優に詳しくない僕でも、このキャラはあのアニメのあのキャラの声優さんと同だって発見してゲーム以外の部分でも楽んでいます。

    現在公開されているストーリーを見るだけでもかなりのボリュームになりますが、本編は欠かさずストーリーを見ています。というかアニメや漫画を見てるみたいに楽しめます。キャラがいいんですよねー。

    ちなみに公式ページにはゲーム開始より前のエピソードが漫画になって公開されています。あの3人が最後にはあんなことになるなんて切なすぎる。。

    あとはゲームがめんどくさくなって飽きてきても、とりあえず育てたいキャラの魂のかけらだけとって、その日は終わりにすることもできる手軽さも好きになった理由ですね。

    2位 シャドウバース

    2位はグラブルでおなじみのCygamesから配信されているカードゲームのシャドウバースです。

    上位層が非常に強くて、いろいろ煽りとかラグとか不正行為みたいなものもあり、スマホゲームにしてはストレスのたまるゲームだと思います。

    でもその分真剣勝負であることが面白く、自分が立てた戦術が上手くはまって勝てた時の楽しさはたまんないです。

    一時期は本当に暇があればシャドウバースばっかりやってましたが、実は今はあんまりやってません。

    楽しいのはいいけど、けっこう1回の対戦が長く、疲れちゃうこともあって、朝の通勤時間とかはどうも相性が悪かったんですよね。

    僕の好きな戦い方はビショップでユニットをあえてほとんど出さず、攻撃をわざと受けながら地道に回復し、相手が出すユニットは全部消滅させ、最後に熾天使を出して、アミュレット連続3回破壊で勝利するやり方です。

    初期の頃はドラゴンとロイヤルを使っていましたが、ビショップ最強だと思いますし、柔軟に色々なタイプの戦術を組むことができるので楽しいからオススメです。何に特化させればいいかわからないときはとりあえずビショップのカードを集めるのオススメ。

    シャドウバースのいいところは意外とレジェンド級のカードが無課金でも手に入るところです。

    カードチケットも定期的に配ってくれますし、微課金すれば毎日10枚のカードを引くことができるので課金しなければ強いカードをもつことができないということがありませんでした。

    だから弱いまま強いカードも手に入らずに積むことがなかったです。

    強いカードを手に入れるたびにデッキを構成し直して、負けてはまたデッキを練り直すことが楽しかった。

    それでもやめた理由は勝つこと以外にやることがないことですね。笑

    3位 白猫テニス

    3位は白猫プロジェクトでおなじみのコロプラさんから配信されている白猫テニスです。

    あのぷにコンがテニスに応用できるとはっ!っていうところと、白猫とテニスを組み合わせるなんてどういう発想なのってところにびっくりさせられました。

    僕は白猫プロジェクトを含め、コロプラさんのゲームはあんまりはまったことがなかったんですが、白猫テニスは面白かったです。

    テニス経験者なので、意外とテニスの動きや考え方がそのまま使えることにもびっくりしました。まるで本当にテニスしてるみたいだと思ったこともあります。

    ダブルスでの動き方とかボレーとか、本当にこんな感じだよなーって思ってやってました。

    チームで会話したりするのも楽しいです。情報交換したり、ダブルスの戦術を話したり。

    ただ、白猫テニスは2ヶ月くらい熱中してやっていましたが、当時の最上階の100階に到達したところで辞めることにしました。

    本当にラグが多いし、課金しないと勝てないし、運営の対応もイマイチ。

    コロプラさんらしくキャラ愛ゴリゴリの白猫感が白猫テニスにも出てて、キャラは可愛かったりかっこよかったりしてクオリティ高いんだけど、すぐにインフレする悲しさ。

    シャルロットが出て、シャルずっと使ってこうと思ってたらもう次のガチャでインフレしてしまいました。。

    あとコロプラさんらしく課金額高い!それに本家ではまだチケット配布して無課金でプレイできるからいいものの、白猫テニスはチケット配布全然してくれない辛さ。

    結局廃課金者で新しいガチャを回しまくってる人だけのゲームになってる感がして、やめてしまいました。

    でもキャラはやっぱり魅力的だなーと思います。3位と思えるくらいはまったのも事実です。でもシャドウバースと同じくやることなくなっちゃうのがやめた原因ですねー。

    今年はこんなところ。来年にも期待します!

    っと、本当は10位くらいまで書いていきたかったんですが、1つ1つのレビューが長くなってしまったので、3位までにすることにしました。

    何気に一番やってる12オーディンズが3位までに入ってないのが不思議ですが、今年本当にはまってやりまくってたのは上の3つですね。

    ということで、なれないランキングを作ってみましたが、参考になったら嬉しいです^_^