読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる生活

楽しいことだけしてゆるく生きたい ( ノ゚Д゚)ヨッ!

超高齢社会だからこそ事故を減らすために自動運転が必要だと思う

最近ニュースで高齢者ドライバーの事故が多発していると聞いて、大変なもんだなー程度に思ってたのですが、実際に身をもって危険を感じる機会がありました。

久しぶりに70才近くの父が運転する車に乗ったのですが、以前乗った時よりもなんだか明らかにふらふらしてる。。

以前は全然違和感なかったですが、やっぱり歳のせいなのか判断力が鈍っているように思いました。

そしてその日はあまり通らない道を通らないといけない日だったのですが、自信過剰な父は昔の勘を信じてナビを無視し、遠回りをした挙句、赤信号を無視する寸前の状態になりました。

急いでいたというのもありますが、プライドが高いことと、自分が正しいというのを曲げない性格が運転からの集中力を反らせ、周りが見えなくなってしまったようです。

自信過剰が危険

この経験から、実は結構性格も事故の原因になってるんじゃないかと感じました。

特に男性は上下関係を大事にして、年をとればとるほど自分の威厳みたいなものを守ろうとするプライドが多かれ少なかれありますよね。

僕の父は典型的に見栄を張ろうとする人なので、誰が何を言おうが、ナビが道を案内しようが、自分が正しいから文句は言うなという態度で運転していました。

そして実際に道を外れたことに気づいても、すかさず言い訳して、自分が間違えたことに動揺して、信号すら見えなくなってしまう状態になっていました。

そして出てきた言葉が「赤信号みんなで渡れば怖くない」でした。

人が歩いていたらどうなってたことか。。

そうは言っても高齢者ほど車が必要だったりする

とはいえ、高齢者だからこそ車が必要だというのが現状だと思います。

都心のように歩けば大体なんでもできるところや、電車やバスでどこにでもいける場所に住んでいるならまだいいですが、地方に住んでる人達は交通の足は車しかありません。

それに高齢者の方々の世代は車を中心に生活してきた人が多いので、生活スタイルとして車を手放すことに抵抗がある人が多い世代でもあると思います。

足腰や頭が弱ってきたらなおさら歩くのは大変になってきますが、そうなるとやっぱり車に頼るしかありません。

2世帯住宅にして子供が実家にみんな戻り、親の介護をするようになればいいのかもしれませんが、それでは子供は親の近くでしか生活できなくなることになります。

それに僕みたいな運転苦手な人がいてもなんの役にも立ちませんし。。

在宅勤務ができるようになるともう少し親元で暮らす人も増えるかもしれませんが、それでも毎回車を出すとしたらかなり大変ですよね。

自動運転車があればいいのに

最近は車関連のニュースとして、自動運転車の話を見るようになりました。

そして将来はほとんどの車が自動運転になるのではと思っています。

実際のところ、自動運転は人間が運転するよりも事故を減らすことができるそうで、事故の多くは人間の運転が下手なことによって起きているらしいです。

もし、自動運転できる車が一般的になったらタクシーも自動運転で無人になるのかなと思いますが、そしたら人件費がかからない分安いタクシーが誕生するんじゃないでしょうか。

田舎の山奥でも道路さえあれば迎えにきてくれる自動運転タクシー。人間が運転するよりも事故が少なく、最短の道を走ってくれてさらに安い。

超高齢社会である日本にこそ自動運転は必要だと思う

もしそんなサービスができるとしたら高齢者の方には定期券とか割引きサービスとかで利用できるようにすれば自家用車は不要になるのかなと思います。

もちろん自動運転の自家用車を持っていてもいいと思うんですけどね。ただ操作が難しかったりしたらあまり意味ないかも。ナビですら難しいみたいだし。。

今後事故をどうやって減らしていくのかということも気になるし、それがどれくらい自動運転によって減っていくのか注目していたいと思います。

日本は超高齢社会だからこそ、一番自動運転できる車が必要な国だと思うんですよね!

というより自分が運転下手すぎるので自動運転タクシー欲しいだけなんですが。。