読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる生活

楽しいことだけしてゆるく生きたい ( ノ゚Д゚)ヨッ!

現状がどうであれ、幸せを感じる才能があれば人生は楽しく生きていけるということ

ストレス・悩み 思ったこと 自由な生き方

最近幸せ感じてますか?

突然ですが、幸せ感じてますか。笑

僕は最近だいたい一日に一回は幸せだなぁと頭の中で感じるようになりました。

それもここ最近の話で、今までは社会不適合すぎて辛くてとても生きていけないと思ってたので、幸せは遠くから指をくわえて眺めているようなものかと思っていました。

人生ハードモードの人間には幸せなんてやってこないし、あれは普通に生きられる人間にだけ与えられた特権なのだとも思っていました。

僕の現状は他の人からみたら不幸でしかないと思う

でも幸せを感じられるようになったからといって、今の現状が良くなったのかといえば、それは全然前と変わってません。

というより、転職してから本当にいいことがありません。

前の職場のほうが人間関係もそこそこ楽しかったし、遊びにも行っていたし、社会人も悪くないと思えていました。

今は職場の人間関係が全然うまくいかないし、家族とも仲が悪い。友達と言える人もほとんどいない。

お金もなかなか貯まらない。

そもそも社会不適合がだんだん深刻化してきて、あまり人に会いたくないなと思うようなダークな時期に入ってきています。とほほ。

それでも最近は一日に一回はなんだか幸せだなーと老人のようなしみじみとした幸せを感じるようになってきました。

出来事が先か幸福感が先か

ここで気づいたことが一つ。

以前は僕にとって幸せというのは何かいいことがあって、欲望が満たされた状態のことでした。

そして旅行が大好きなので、旅行に行く時だけが日常の辛い現実から目をそらすことができる唯一の幸せだとずっと思っていました。

だから幸せを感じるためには旅行に行かないといけなくて、それ以外の日は苦しみに耐えなければいけないと思っていました。

もちろん旅行に行かなかったとしても、少しでも毎日「何かいいこと」がないかと求めていましたが、なかなかいいことは降ってきません。

社会に怯えながら、いいことがあった日は良かったと胸をなでおろし、やなこと(ほとんど人間関係)があったときは死にたくなるほど自己嫌悪して落ちるところまで沈むことの繰り返し。

満たされない毎日に生きる意味さえわからなくなる時もありました。

満たされない欲望にストレスを感じている

もしいいことが毎日たくさんあったとしても、人間は慣れてしまうのでしょう。

毎日毎日美味しいものが食べられるようになると、そのレベルが普通になって、今まで美味しいと思えていたものが美味しく感じられなくなる。

どんなに美しい景色もそれを何度も見ているといつのまにか感動もなくなって飽きてしまう。

いつしか年を重ねるごとに感動できるものが少なくなり、楽しさも幸福感も感じにくくなる。

そして満たされない状態が多くなり、満たされない自分は幸せじゃないと感じてくる。

どうして満たされないんだろうという渇望が大きくなる。

なんだかんだ幸せが一番の幸せ

ここでわかったのは求めて何かを得る幸せというのは結局は自分を苦しめる泥沼のような罠だということです。

一瞬の幸せを感じてはまた新たな幸せを得るために欲望を生み出し、そして得られない苦痛に不幸を感じてしまう。

どんどん得ることが難しいものが欲しくなって、その欲望に潰されていく。

だから、なにかいいことが起こったことで感じるような幸せは長続きしない幸せで、また、誰にでも得られる幸せでもないってことです。

特にそれが人間関係となるとなおさらうまくはいかない。

何かいいことは誰にでも得られるものではないが。。

人恋しい、認められたい、新しいものがほしい、楽しくなりたい、快感が得たい。

それらの欲望を思い切って全部捨ててみました。

そしたら自分が毎日いかにつまらない欲望にばかり悩み、周りが見えなくなっていたのかということに気がつきました。

そしたら得られない不幸より、今ある日常を穏やかに過ごせていることに幸せを感じてくるようになりました。

まだ練習しているところで完璧ではないですが。。

僕の感じている幸せは、なんだかんだ生きているし、ご飯も美味しく感じられるし、あったかい布団で寝れるし、お風呂も気持ちいいし、趣味も楽しめているし、なんか幸せだなーという幸せです。

ご飯も質素なものが好きになりました。一食一食何を食べようか考えるのも楽しいです。毎日美味しさを実感しながら食べています。

毎日のご飯やあったかい布団にくるまることや生きられていること自体にありがたみを感じることは誰にでも毎日得られることで、その時々で幸せを感じられたら一番幸せなんじゃないかと思います。

そして、こんなジワーっとした幸せを得られるなら、明日も頑張れるかなとちょっと元気が出ます。

本当は幸せを感じるのは簡単なことのはずなんですよね。

幸せを感じる能力は才能である

幸せだと感じる癖がつくと幸せのアンテナが増えるのかなと思います。

何もなくても、何もない日常が最高に幸せだなーと思えるようになると、色んなことが楽しくなってきます。

僕は今、普通の日常が楽しすぎて、旅行に行く必要もなくなってしまいました。

どんな環境にあっても幸せを感じることができるとわかってきて、幸せは与えられるものではなく、それを感じとる才能が必要なんだと思うようになりました。

その才能に気づいてから、他の人と比べて不幸とか、求めるものが得られなくて不幸とかそういうことは考えなくなりました。

誰からどう思われていようが、自分が納得できるような生き方で、幸せと思ってたらそれは紛れもなく幸せな生き方だと思います。

他人から見ても幸せだと思われるような幸せでなければ幸せを感じられない人は幸せを感じる才能がないのでしょう。自分自身で幸せかどうかを判断できない人もまた同じ。

なぜならそれは人から認められたいという欲望の罠に捕らえられた状態だから。